MENU

気になる審査通過方法

初めてカードローンを利用する方にとって気になる点は審査です。
審査基準や事前審査は何をみられるのか、その後にどのような影響があるのか分からない分だけ不安になるのも分かります。
ただし、それほど難しく考えないでください。

 

むしろ、カードローンはシンプルなシステムで成り立っています。
カードローンの主な申し込みは店舗・無人契約機・ネット・郵送があり、ネットでもパソコン・スマートフォン・携帯電話からも利用できます。
初めての方ならネットが一番便利でしょう。
公式ホームページにアクセスすれば、会社によって名称が違いますが、新規申し込みのボタンがあります。
クリックすれば、申し込みのページが開きます。
その前に同意事項というものがあります。
これは申し込みと同時に信用情報機関に情報を登録する了承と返済できる能力を調査するために情報を利用させて欲しいという内容です。
これを同意して進めば、次に申し込みフォームが表われます。
必須項目は漏れなく入力し、完了した後に審査結果を待ちます。

 

その間カードローン乗り換え、カードローン利用に関する規約、カードローン商品の説明、カードローン返済相談の仕方、返済プランや返済方式などに関する事をチェックできます。

その間に同意した信用情報機関で情報を登録する一方で、他の借り入れの状況を調べ、在籍確認もします。
申し込みの際申請した内容と相違がないかどうかもチェックしています。
審査の結果提示される金額は利用できる金額で、ここまで利用できる限度額と呼ばれるものです。

 

審査を通らなくするものとは?
  • 他社借入の件数が多い
  • すでに他社で借入をしていて年収の1/3を超える申込みの場合は消費者金融では借入できません。

  • 申込み件数が多い
  • 短期間に多数のカードローンを申込みをしないようにしましょう。

  • 過去に滞納がある
  • 過去に支払いが滞ったりしている場合は審査に通らない可能性があります。

  • 記入ミスや嘘
  • 申し込みの記入に嘘を書いてしまったりすると審査に通りません。
    ミスにも気をつけましょう。

 

チェックを重ねて融資となるのが通常で、ネット以外の申し込みでも時間や対応の差はあれど、一連の流れに大差はありません。
カードローンの申し込みは難しくはありません。
専業主婦でも借りられるカードローンもあり、スマホから申込める手軽さで申込で操作に迷うこともありません。
正確に、丁寧に申告すれば大丈夫です。

 

万一返済に遅れそうな場合も強制・脅迫的な取り立てはありませんし、この場合も正直に相談すれば良いのです。

 

お互いの信頼関係の上に立って利用できるものですから、正直さや真面目さが返済能力に次に大事な条件です。
ローン返済滞納や借金問題で無料相談をして債務整理をすると信用を失い、長期間新たなローンサービスの利用ができなくなります。
これは全てのローンサービスやキャッシングにも共通しています。
逆に約定返済以外に、追加返済や一括返済で全額返済すれば有利です。
しかしカードローンも借金には変わりないので、計画的に利用しましょう。